PROFILE

mimosa

Author:mimosa
管理人
名前:mimosa ♀
パパと2娘(エミィ・カオ)
&2コギ(メルモ/ミモザ)




とともに浦安市に住んでいます。
転勤族です。

mimosaの心が躍る
モノ、コト、トキ

手作りいろいろ(最近はソーイング)/わんこ/バレエ/うたう/踊る/読書/小説執筆/宗教画/ギリシャ神話/おいしいご飯/おしゃべり/お買い物/マニキュア/お泊り/仲間とのお酒/褒められる/ビビッときた単語/楽しいメール/たくさんのストック/幸せな空想/昔を思い返す/ギンガムチェック/ラッピンググッズ/トレイ/木箱/残酷で美しい。かつ、純潔なもの/小さいもの/絶妙なピンク/レッグウォーマー/くるくるっとコンパクトにたたまった使用済みおむつ/

※このブログの趣旨に合わないトラバ、コメント、不適切なトラバ、コメントは予告なく削除させていただきます。
その際の苦情は一切受け付けられません。
楽しいコメントは心よりお待ちしています(^o^)

CATEGORY
★BIRTH DAY★
エミィの成長記録
TOPICS
COMMENT
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

TB
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
第二子出産レポ(2)
午前3時LDRに入った私。

病院のお産セットを渡され、病衣に着替えるように言われ
助産師は部屋を出て行き、パパも入院手続きのため外し、LDRに一人。

張りが来るとだいぶつらく心細いが、合間にはお産セットをチェックしてみたり
着替えも一人で出来た。

とにかく、前回時間がかかったので(しつこいけど)エミィと同じくらいの時間がかかれば、
これから27時間後にはベビーに会える!!と自分を励ますも
時計の針がぐるっと2周しても会えないのか!!…と気が遠くなる。。

目標はエミィのときよりも時間短縮で!!!

午前中のうちに(あと9時間ほど)産めたら花丸だなぁ。

そんなに甘くはないかぁ。

などなど、とにかく、どれくらいかかるのかということが気になってしょうがない。

そして、
高い熱が出るのだろう。
破水するのだろう。
出血もしまくりだろう。
吐くのだろう。
などなどとにかくすべてがエミィのときと似たような状況で進むのだろうと考えていた。

助産師が戻り、分娩監視装置を装着。

長くてゴールの見えないお産の中で、ベビーの力強い心音はとても力を与えてくれるので、
バースプランにずっとつけていたいと希望していた。

しかし、張りの合間にトイレにいったりしているうちに
ずるずるになって取れて。

いつまでついていたのか、記憶なし。

NSTもそうだけど、もう少しばちっと留められる装置にはできないものかね。


そんで、パパも戻り、助産師はエミィのときよりは付き添ってくれていたかな。
エミィのときはほとんどが放置されていたから。。


そしてそして、ここからは
話が急展開!?

長々書き記すほどの武勇伝なし。

とにかく、張り…いやすでに間違いなく陣痛が1回来るたびに
どんどん強さが増して。

合間も短くなり。

ひとつの陣痛が弱まると思う頃には、次の陣痛が大きくなり始めて
休む暇がない。

4時間ほど経った4時頃の時点の内診で子宮口は6センチに。

1時間で2センチも!

あれよあれよと、まともではいられない状態に。

LDRには今回も座ったまま。馬乗りみたいな感じで。

右の股関節がやっぱりおかしくて、右足が後に逃げる。
足が前後開脚状態に。
(助産師さんも、ビックリしたらしい)

何度もLDRから落下しそうになって、助産師さんに何度も真ん中に戻るよう言われる。

お尻はボールで押さえ、おマタの方は手で押さえる。。

が、早々にお尻とおマタへの圧力は弱くなり、
それより、「何かが出そう!」ではなく、
まさに真ん中から「赤ちゃんが飛び出してきそう!」な感覚に。

出血もしてはいるだろうけど、自分でどどーっと出るのを感じたりはしないし。
始め吐き気は少しあったものの吐きもしなかったし、熱も測ってる暇もない。
破水もなし。震えもなし。

とにかく、

陣痛がきつい!!!

4時代後半くらいからは叫びだしたかなぁ^^;


しかし、まだ自分ではそんなに早く産めるとは思っていないので、
この状態であと半日とか1日とか考えられない!!!

と泣きそうな状況に。

とにかく、

陣痛がきつい!!!

エミィのときは、陣痛中もエミィを思いやる気持ち。
早く会いたいという気持ちが絶えることなく、
自分だけじゃなくてエミィも励ましながらだったけれど。

とにかく、

陣痛がきつい!!!

「はりがこわいー!」

「もうがまんできなーい!」

「ちゃんとうめるじしんがなーい!」

とか、そんなどうしようもないことを叫んでいた。。

呼吸法もそんなのんきなヒッヒフーとか無理!!!

叫ぶことで、いきみを逃していた感じかな。

隣のLDRに誰か入ってたら、確実に叫び声うるさかったでしょう^^;

そんなこんなで、さらに5時頃には8センチくらい開いていて。

5時台に入ると、助産師さんはつきっきりで
「もう、ずっと一緒にいますからね」
なんて、素敵なセリフをはいてくれる♪

さらに、なにやら、出産に向けた準備がにわかに始まっているではないの。

え?もしかしてもうそろそろ生まれるの???

ということを、ふと思う。(かなり鈍い)


とにかく、

陣痛がきつい!!!

で(しつこいけどさ)

いきみたくてしょうがない。

というより、ベビーが飛び出してきそうでたまらない!

助産師さんが

「まだですよ!ふ~で逃して~」
と言うと、

パパまで
「まだだよ。はい、ふ~ふ~ふ~ ふ~ふ~だよ!」
なんて言ってるので、可笑しすぎて、そんなときばかりはふと我に返ったり(笑)
そして、5時半を過ぎたころかぁ。

内診すると

「10センチ開いたよ!」
と神の声。

キャー!

もういきんでいいのね♪

もうすぐ楽に慣れるのね♪

とにかく早くこの苦しみから逃れたい一心で。
思い切りいきむ!

横向きで産みたかったけど、やっぱりダメだった。
横向きでは股関節がガタガタしちゃって。

また、仰向けの、背中を倒しがちに据わった状態?で。

んんぐー!!!!

んがーーー!!!

いきむ!!

が!
痛い!!

あれ?
いきむときって、こんなに痛かったっけ?

エミィのときは、いきんだとき、出口がこんなに痛くはなかったぞー!!

エミィのときは、先生がお腹に馬乗りになって押したし。なんか、ぜんぜん違う~。

と陣痛とは別の痛みにおどろくも、とにかく産んで楽になりたい一心で
力いっぱいいきむ。

いきむと体が上に逃げちゃって。

担当助産師と、さらにたまたまエミィを取り上げてくれた助産師も立ち会ってくれて。

二人に「下がってー!」と言わる。

いきみながら、足に力を入れると体が上に逃げちゃうし、出口が激痛になることに気がつき、
足は楽に。腕に思い切り力を入れていきんでみることに。

どれくらいいきんだことでしょう。

とにかく、早く楽になりたい!

そう思っていたダメな私に、エミィを取り上げてくれた助産師が
「今回も頭触りたいんだよね!?」
と声をかけてくれて。

ああ、そうだった。
って言うか、もう頭出て来てんの!?

で、少しだけこの世に出て来ているベビーの頭を触ってみる。

べっとり濡れていて、髪のざらざら感が分かった。
まるみも。

もうすぐだよ。

がんばれ~!


それからは少し、正気を取り戻して、
生まれる瞬間を自分で見るという希望を思い出した。

そしてまたいきんで。

5時50分。

娘が生まれた。

血まみれだけど、むくんだ感じはなく。きれいな赤ちゃん。

ちっちゃくて。

顔を見た瞬間。

「あー、うちの子だ。4人家族になったんだぁ」

って。

理屈抜きに実感した。


やったー!!!!!


産まれてすぐの顔を見た時点では、エミィとは似て無いな。と思った。
(しかし、その後激似だったことを知る(笑))


すぐに管で羊水を吸い取りがはじまって。

だけど、なんだかしつこくやってるなぁと思ったら

羊水がうまく吸い取れないみたいで。

パパがへその緒を切った後、カンガルーケアはせずに
LDRの外へ連れ出されてしまった。

助産師が言うにはよくあること。ということで、命がどうとかってことは心配はしなかったけど。

すぐにおっぱいを上げられなかったことは少々残念で。

私がドクターに裂傷(しました↓)を縫合してもらっている間、
パパはベビーを見に行っていて。
酸素吸入器?みたいなものを付けられたりして、なんかの数値をチェックしていたらしい。

ウワサどおり、二人目の後陣痛は、一人目よりもきつかったかな。

でも、ま、陣痛に比べりゃたいしたことはない。

縫合も終わり、恥もなにもないお裾(笑)のケアもしてもらってしばらくすると
パパが戻って、ベビーも返された。

なんかの数値が正常値になったらしい。


ちっちゃくてかわいい~~。

顔を見れば、他人の気がしない(笑)そりゃそーだよ。

それから、しばらくしてふたたびベビーは何かの検査に連れて行かれ。

パパが昼頃帰るまで、LDRでぼんやりしながら
久しぶりに二人で色々話した。

私は今回も産まれてすぐに感動で涙が!と言うことはなかったのだけど。

パパと話していたら、
なんだかうれしさがこみ上げてきて。

涙が止まらなくなった。

ひとつは、エミィに(ベビーにも)姉妹を作ってあげられたことが嬉しくて。

友達はさ、自分で作ることは出来るけど、
兄弟は親しか作ってあげられないし。

一人出来たからって、二人できるとも限らないし。

ありがたいと思う。

そして、わたしでかした!と思う(笑)

こんな私でも、誇れることができたんだ。と思ったら、泣けてきて仕方なかった。


私もパパも、命ある限り子供たちの力になってやろうと思うけれど、
私たちが無力になった後。

二人で(まだ増えるかもしれないけど!?)力を合わせて、お互いの存在を支えにしていって欲しいなぁと思う。

それにしてもLDRに入ってから
2時間50分で生まれるとはね。

自分では想像もしなかった。

10月22日 午前5時50分
2634グラムの女の子がうちの子としてやってきました。

どんな娘になるのやら。

最近のエミィの成長っぷりを見ていると、
これまた、この娘の成長が楽しみでたまらない。

そして私は逃げも隠れも出来ない2児の母。

朽ち果てるまで頑張ります♪

※なかなか時間が取れないので、ばばばーっと思い出すままにとりあえず書いてみました。
そのうちに、また思い出したことやもう少し読みやすいように書き直すかも。





スポンサーサイト


出産レポ | 【2010-11-20(Sat) 12:36:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
第二子出産レポ(1)
母が札幌へ来て5日目、だんだん活動範囲が狭まって、ランチは近所のモスへ。

レッツゴー。
 

まだ兆候もなく、予感もなく。

日中友達がメールをくれたけど「まだまだっぽい」と返事を送ったり。

産前最後の2ショット!

モスのキッズセットのおもちゃに夢中。


帰宅後、エミィの昼寝と自分の急速を兼ねてベッドルームで二人で爆睡。

やはりこの数日は、ちょっと外出するだけでも昼寝ぐっすり。

お腹もかなーり重くなってるしね。

ってことで、かなり深い眠りに。

エミィより先に目覚めて、母とリビングで過ごしていると
割と定期的に張りが来ている気がする。

夕方5時頃からかな。

張りの具合は、陣痛からは程遠く。

「ああ、だんだん近づいてはいるんだなぁ」と言う程度。

んが、張りの間隔を測ってみると、長くて13分とか。短いと3分とか。

張りの長さはほぼ一定で45秒ほど。

ちょっと焦るも、これが前駆陣痛に移行していくのかな?と考えて。

今更ながら、入院準備などの再確認(笑)

そのころ、トイレに行くと少量の出血。

「おしるしキター!」と叫ぶほどではない程度。

そのまま同じような間隔の張りが2時間くらい続いて。

張りはつらいというほどでは無いけれど、間隔が10分を切ることが多いので
だんだんと落ち着かない、不安な感じになってきて。

パパが帰宅して、ご飯を食べ終わる頃、
念のため、病院に電話してみようということに。

「帰ってもらうこともあるかもしれないけど、経産婦だし、一度見てみましょう」
と言われ、病院に行くことに。

パパが急いでエミィを寝かしつけ、母は留守番。車でパパと病院へ。

間隔は常に10分を切る。

張りの具合は、立ち止まるほどではなく、「今、張り来てる~~」としゃべれるほど。


病院について診察すると、子宮口は1.5センチ。。

なんだ…先週の検診と変わらないじゃん。。

張りのレベルも「話が出来るくらいだもんね」と言われ、帰宅決定。

入院の荷物だけ置いて帰宅。


帰宅したのは11時とかだったかなぁ。

明日も仕事のパパは就寝。

私は、ソファに布団を持っていって就寝…は出来ない。張りを測るための携帯とメモを片手に消灯。

しかし、それから1時間程度のうちに、張りが少しずつ強くなり、そして寒気が。

張りが来ると、足の方からぞくぞくと寒気が上がってきて、足の付け根が震える。

張りのたびごとに寒さが増して、歯の根ががくがくと震える。

布団をかぶっても寒さに耐えられず、足湯をしようとお風呂場へ。

の前に、小腹が空いたが、ちょうどよくつまめるものがなく、納豆をワンパック食べてみる(笑)

お風呂場で足湯をしていても、張りが来ると体がガタガタと震えだす。

寒い。寒い。寒い。

確か、エミィのとき、陣痛でガタガタ震えていた時間があったような。

張りも強くなって来てる。

でも、子宮口1.5センチだったしなぁ。

と風呂場でガタガタ震えていると、母がやってきて、
「その状態は普通じゃない」
ってなことで、もう一度病院に電話をしてみることに。

張りが強くなってきていること、張りのたびに寒気が激しくてガタガタ震えているということ。
を伝えると、また帰るかもしれないけれど、念のためもう一度見てみましょう。とのこと。

そのまま足湯をして、午前3時を目指して(電話した時点は2時15分とか)来て下さい。と言うことに。

足湯を終わらせて、パパを起こす。

事情を話して、再び病院に行く準備を。

その頃張りはだいぶ強くなっていて。

これは、張りでも前駆陣痛でもなく☆陣痛☆かも!!

という気がしてくる。

そして、家を出るころ、張りが来ると立ち止まってこらえなければいられない状態に。

話をしようとしても、張りが来ると頭が回らず

「あ…えっと…ちょっと…まって…うーん…」と言う感じに。

病院着。

駐車場から、病院に入るまでの間の張りでは、立ち止まるだけでは耐えられず、
しゃがみこんで張りが治まるのを待つ状態。

張りの度ごとに、強さが増していくのがはっきりとわかる。

「これで帰らされるなんてありえないよね」

とパパと話しながら病棟に向かう。

それでもまだ張りの合間には普通に歩ける。

診察すると、子宮口4センチ!!

4時間ほど前に先週と変わらない1.5センチだったのに!!

ってなわけで、今度は入院決定。

LDRに向かう道すがら、助産師さんはのんきに病棟の説明。

「ここがシャワールームで~」とか言ってら。

でLDRに入った。



続く。



出産レポ | 【2010-11-13(Sat) 20:40:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
出産レポート(4)
先生立会いの下、いきみ再開。

分娩代の横にイスが置かれた。
そこに先生が上りあがって…
私のお腹に両手グーで体重をかけた!

「この力に負けないよう、押し返していきんで!!」

こんなにお腹を押してベビは大丈夫なの?とちょっと思ったけど、
先生がやってるんだから大丈夫に決まってると信じて、
言われるがまま、先生のこぶしを押し返す。

力の入れ方が具体的になったので、いきみやすくなる。


何度かいきんで「次でいこう!」との先生の声。

いこうって?どういうこと?

「もう、次いきんだら生まれるってことですか??」と聞く。
あまりに長い分娩時間だったため、どこがゴールなのかよくわからなくなっている状態(笑)

「そうだよ!」と神の声!

よっし!!いくぞ!!!
今日中に会えるぞ!

と、ここらへん、記憶が朦朧としすすぎて、流れでの記憶がない。
すべてこまぎれ。

いきみちゅうに先生が会陰をカット。

痛いという感じはなかった。

でも切られた感覚はあって、気持ちわるっ。

それからは、2回くらいいきんだ気がする。


ベビー誕生!!!!!!

「髪の毛がふさふさーー!!」

誰かが言った。

時計を見た。
23時50分!

あー、今日中に産めたよ~~~~。


しかし、私、なんとここの記憶がない!

どんな感じで出てきたか、感覚が思い出せない(汗)

ただ、いきみの後の全身のガクガクととにかく生まれたという安堵感。

そして、ベビは元気なのか?確認しなければと。

どう確認したのか忘れてしまった…けど、元気なこと確認。

パパはしきりに写真を撮っていたけど、パパの表情を見ることも忘れてしまった。不覚!!

「あと、肩が出ますよ」といわれ、
「いきむんですか????」と聞いたら
もう力を抜いていいとの事。

そこですごくほっとした気がする。


脱力。


血にまみれ、くしゃくしゃのベビが目に飛び込んでくる。
長い管で鼻や口を吸引されている。

ああ、あんなに長い管…かわいそう。

と思う。

そして、「オンギャー!」と元気な泣き声!!


 

ああー、産まれた~~~。

でも、情けないながら、ほんとうにここらへん、記憶が断片的。

順番がめちゃくちゃかもしれないけど…

胎盤とへその緒が出てきた。

胎盤でかい!グロテスク!

「すごいねー、胎盤。胎盤がんばったよ。ありがとう」

へその緒も太い!

パパがいっぱい写真を撮ってくれてる。

そして、ベビが私の胸の上に。


感動とか涙とかそういう感情がなぜだかなくて、ただただほっとして。

「おまたせ(^^)」

と声をかけた。

胸のほうへ顔を近づけさせると、すぐにおっぱいをちゅぱちゅぱと吸い始めた。

すごい!
もう、おっぱい吸うのが上手なんだ!

指しゃぶりでいっぱい練習してきたのかな?

そしてすぐにパパがへその緒をカット。

緊張してた(笑)


そんで、ベビは準備してあったベビースケールで体重測定。

パパも母もそちらへ行ってしまい、私はそのまま分娩台で会陰縫合^_^;

ベビーが気になる~~。

「3198g!!!」

という声が聞こえた。



おおー!エコーでの推定体重よりは少し軽いけど、大きい!

会陰縫合は、予想外に時間がかかった^_^;
麻酔をしていることもあって、別に痛くはないけど、早く終われー!!って感じ。

その頃には、すでに長くつらい分娩時間は過去の出来事。

パパもベビを抱っこ。


深夜2時頃にパパと母は帰宅。

私はそのままLDRで一晩過ごすことに。

産まれてからひとときもベビと離れたくないと希望していたので、
もちろんベビも一緒。

分娩台のベッドの横の小さなベビーベッドに寝かせて。
母子二人きり水入らずの時間。

なんて声をかけたらいいかわからない~。
ちょっと、むくんでカエルっぽい顔してる(笑)

どんどん減っていく羊水の中でこの子も頑張っていたんだね。
私より、ずっとずっと頑張ってたんだね。
ほんとうに、お疲れ様。
ありがとう。
おまたせ。

やっと産んであげられたね。

すごく気にかかってなんども覗いて見たけど、
おむつ交換(ナースコールで看護婦さんをお呼び出し)以外はしっかり寝た^_^;


朝、6時くらいかな?
目覚めても、ベビはそのままの状態で私の隣に寝ていた。

ああ、夢じゃなかったんだー。

と思ったら、すごくすごく幸せな気持ちに。
決めていた名前を読んでみると、ちょっと照れくさい。

数日前からの疲労&辛く長い分娩時間も忘れて、
さわやかで優しい朝を迎えた。

踊りだしたい気分だった。



6月29日 午後11時50分 3198gの女の子が私たち夫婦の下にやってきました。

楽しい妊娠生活と、過酷な出産劇のゴールにこんな天使が待っていたとは!!

LDRに入ってから生まれるまで、約27時間!!
母子手帳に書かれた分娩時間は32時間56分!!

つらかったはずだけど、元気に生まれてきた瞬間、
この時間もすべて超ハッピーな経験に。



このブログでのハンドルネームはエミィです。
どうぞよろしく!





出産レポ | 【2008-07-13(Sun) 12:37:25】 | Trackback:(0) | Comments:(12)
出産レポート(3)
恐怖の乳首マッサージはどのくらいやったのだろう…
薄暗くなり始めていた気がする。

ほとんど意識が朦朧としてきたところで、助産師が内診へ。

子宮口の開きは9.5センチ
ベビもだいぶ下りてきたけどもう一歩!!

でも、助産師から
「先生は、この状態でも、点滴ですこしサポートして、いくって言ってますから」
と言われる。

よく覚えてないけど、この点滴は、張りを強くする?子宮口の開きを促す?ようなものだったと思う。

朦朧としながらも、
「あ~、医療の力を借りて産むのかぁ…でも、このままじゃ、ベビもつらいだろうし受け入れよう!」
とちょいがっくり&前向きな気持ちに。

乳首マッサージの成果があり、かなり陣痛がのってきた(?)し、先生の話も聞いたので
マッサージをやめて、最後のいきみのために少し体力を温存することに。

ほんの短い陣痛の合間にうたた寝をした。
このうたたね寝が最後、パワーを生み出してくれてよかった。

とはいえ、陣痛はとまらず、強い張りの時には、また
吐く。吐く。吐く。

しかし、時は近づいているという希望がまた私を正気に戻してくれる。

ベビの心音も力強い!

そして、部屋の隅にはいつの間にか、ベビースケールが用意されていて
母が仕切りをどかしてそれを見せてくれた。
and分娩室の外には、移動式のベビーベッドも準備されていて、
それも母が部屋にもって来て見せてくれた。

もう、まもなくだ!!!!

その出産後のグッズにまた、勇気付けられる。

ほどなく、ベビを取り上げてくれることとなる助産師がばたばたと
クライマックスの準備をはじめる。

たしか、23:00頃

点滴の準備や医療器具?などを出したりしながら、
私を分娩台からおろし、いすに座らせ、ラベンダーの足湯を施してくれた。

ただ、お湯に足を入れさせるだけではなく、お湯をすねのほうまで流してさすってくれる。
「助産師って大変な仕事だなぁ~」と感心してしまった。
もちろん、陣痛に叫びともいえる「フーウン」呼吸をしながら…。

BGMも流れ、アロマはイランイランとマンダリン。

アロマは私の鼻が慣れているので、それぞれの香りをかぎ分けたりして
ちょっと余裕!?

助産師は、私の世話と出産の準備を手際よく進めている。

分娩台がベッド型から本当に分娩台に変わった。

そんな準備をしながらも、激しい陣痛が来ると助産師が背中をさすってくれる。
フガフガいいながらもお礼を言わずにいられない。

「がぎがごーごがいまぐ~~」(ありがとうございます?)

予定通り、上半身を少し起こした状態での仰向け。
足が分娩代の足台にくくりつけられる。

もう体力はすでに限界を超えていたけれど、
いきみを前に力がみなぎってきた。

産むぞー!会うぞー!
もう少しだけ待っててね!

助産師の指示でなんどかいきむが
子宮口9.5センチの壁(あと0.5センチ)が越えられない!

点滴の効果で張りがかなり強くなるけど、もう間近だと思うと
そんなに辛くも感じなかった。

助産師がまたいきみを逃すように指示する。
後で聞いたら、へその緒が首に巻き付いていて、いきむと心音が少し乱れたらしい。
なので、もう少し時間を稼ぐべきとの判断だったそう。

しばらく逃しと、たまにいきみを繰り返し、
子宮口の、後0.5センチの部分を越えた!

足台に足をくくりつけられてると、股関節が柔らかい私は力が入りづらいので
はずしてもらう。

いきむ!いきむ!

すごいうなり声をだしながらいきむ!
だまってなんていきめない!

「ふんぐー!!!!!」
「んがー!!!!!」
「ぐごー!!!!」

もう、恥もくそもあるもんか!

早くベビを産んであげたい!!!

そのとき、助産師の声。

「頭が少し見えてきたよ!触りたいんだよね?」

つらい中、出てきたベビの頭を触りたい希望はどうでも良くなっていたけれど、
助産師が促してくれたので、そっと手を当てた。

??

頭といわれた部分、やわらかい。頭とは思えない。
髪の毛といわれた部分、よくわからない?

だけど、ちゃんと触れた。
良かった!
初めてのベビとのふれあい。


そして、またいきみと逃しを繰り返し、しばらくして
先生登場!(その前にも、ふらりと2回くらい顔を出していたけど)

「おおー!もういっちゃおうよ~!」
とすんごい軽い感じ^_^;

でも、先生!

神のように後光が差しているようだった。



出産レポ | 【2008-07-13(Sun) 11:46:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
出産レポート(2)
もう、日付や時間などの感覚がなくなってしまったので、
この辺からは、断片的に覚えていることを記していきます。

***

29日

たぶん、朝がやってきて、それでもまだ、子宮口の開きもベビの下り具合もまだまだで、
先は長いという予感が徐々にしてくる。

相性が悪く、怒られてばかりだった助産師から、優しい助産師に変わって、
バースプランで計画していた、アロマやバレエのCDをかけてくれた♪

アロマやBGMで癒されたりというよりも、とにかく長い長いトンネルの中にいるような状況で
何かしらの変化が起こることで気がまぎれて救われた。

ずっと体温が38度近くあったので、助産師が用意してくれた
ラベンダーEO.で香り付けされた冷タオルが超気持ちよかった!!
(先出の助産師は、あつあつの蒸しタオルをくれた…のぼせた…)

体力をつけるために少しでも何かを食べたほうがいいといわれても
全くもってなにも食べられない状態。

ゼリーを1,2口頑張るが、それすら気持ち悪い!


朝ごはんはパパが食べた。

のどは渇くので、ひたすら冷たいお茶を飲む。
それがめちゃめちゃうまい!
命の水って感じ。

強い陣痛がやってきて、ゴミ箱に吐く。
でも、何も食べてないので、出てくるのは水とカスばかり。。
あまりに見た目が壮絶でパパも母もかける言葉すらない感じ。

足の付け根の間接もひたすらガクガクギュウギュウ。
パパにひざをゆすってもらって、なんとか少しでも力を抜くよう頑張る。


数時間放置され、孤独に陣痛に耐え、助産師が来ては内診。
まだ時間がかかりそう…。

というのをひたすら繰り返す。

「いったい、いつになったら産まれるのだろう…」と、
陣痛のつらさより、今自分が、ゴール(出産)に対して
どの辺の位置にいるのかがわからずつらい!!

午後になり、
体力も限界に近づいて、眠気が差す。

眠気が差すと陣痛の間隔も空いてしまうので、寝ちゃいかん!!と自分に言い聞かせる。
楽になりたいけど、楽になったら、ベビに会えるときが遠のくだけ!

そして、ここまで来て陣痛が遠のいたら、体力的にも限界で、
お腹を切られるだろう。という思いもあって
なんとか眠気をこらえる。

助産師からは(また、違う助産師)少し寝て、出産のための体力を温存しては?と提案されるが
そんな、寝てなんかいられるかい!

ってことで、眠気を吹き飛ばし、陣痛を強くするための、恐ろしい術を教わる…。

それは…ザ・乳首の刺激。

これは、本当に本当に辛かった!!!

ベビに会える!という希望を見失い、初めて泣きたい気持ちに。。

最初は助産師が、乳首をガンガンにマッサージして、
合間のない陣痛を起こす。

陣痛は、少しの合間があるから、つらい張りをなんとか耐えられてきたものを
張りが治まりそうになるまえに、次の激しい張りがやってくるという
合間ナシの陣痛を起こす。

激しい陣痛の張りがいっときの休みもなく続く状態。

つらい!つらい!つらい!

助産師が離れてからは、それを自分で行うという地獄絵図!!

自分で乳首をマッサージしては、間隔ゼロ、ひたすら強い張りが続く陣痛を起こす。

「フーウン」の呼吸法も、わけがわからなくなってくる。

もうマッサージやめたい!!!と思うが、ここで頑張らないと、陣痛が遠のくかもしれない!!
という恐怖。

半泣きで「まだやらなきゃだめだよね~~~つらいよー」といいながらマッサージをひたすら続ける。

そして吐く。吐く。吐く。(水分しか出ない)







出産レポ | 【2008-07-12(Sat) 23:20:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
LINK


LINK
ブロとも申請フォーム
COUNTER
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
MEMO
実際にお買い上げ&使用したお気に入りのものを紹介しています
【ベビーグッズ】
★はぐまむ ベビー綿毛布

可愛いくて肌触りの良い日本製綿毛布♪ベビーケットはベビーカーに常備してます。ハーフケットは毎日のねんねに。


★はぐまむ 無撚糸パイル ベビーバスローブ

寒い冬のお風呂上りにの冷え防止に。


★DORACOMyスリング

おしゃれで肩が楽♪


★ERGObabyエルゴベビー・ベビーキャリア

ウエストベルト付きで肩への負担が軽減します!


★アイデス カーゴ三輪車
お散歩に!お買い物に!大きなカゴが付いていて便利。


★アップリカ イージー・タッチ カラー

パパと兼用。


★バンボ

離乳食を食べるのもテレビを見るのもバンボに座って。ラベンダーカラー可愛いです。


★ベビービョルン ベビーシッター

お風呂を待つとき、ママのバレエのレッスン中などなど活躍中!電車でも手に持って持ち運んでます!


★シルバークロス Fizz

走行快適です♪


★レイシェイド

幌が小さいB型ベビーカーには必須!


★NEWミュージカルキッズランドDX

ベビーゲートとしてキッチンとリビングの間に利用。


★シュワリー

これでどこでも一緒にお食事できる♪


★【メール便送料無料 】レッグウォーマー レインボー 

かわいいレッグウォーマーがたくさん!


★名入れ一升餅 

きれいな字で名前を入れてくれます。

【おもちゃ】
★モンジャルダンテント

ママの一目ぼれ。うっとり~。


★Sassyミー・イン・ザ・ミラー

エミィは鏡に夢中!


★ムーミン うつくしいどうよう

素朴な童謡がいっぱい。英語の歌も♪


★ベビーコロールクレヨン 6色入

初めてのクレヨンはこれ!

【キッチン】
★栗原はるみ スタンド付きまな板セット

サイズも機能も◎!!包丁も立てられちゃいます。ピーラーもぶら下げちゃいます。


★タイガー スマートブレンダー

離乳食作りにも便利。


★Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー

カリカリでおいしいワッフルが焼けます。


★チンdeチップ・チップスメーカー 

油も塩も使わないチップスはエミィのおやつの定番!色々気になるパパにも…。

【美容と健康】
★美顔器『リッチミスト』

せっせと保湿して、すがる気持ちで老化対策!!


★おいしいコラーゲンドリンク12本セット

こんなものでもたまに飲んでもがいとく。


★金時しょうがパウダー

紅茶やお味噌汁に入れて冷え性対策。ガツーンと効きます!


★国内産金時しょうが 粗挽粉末

荒びきなのでお料理にもおすすめ。


★ラズベリーリーフティー

妊娠後期からガンガン授乳時期まで飲んでました。


★オバジ プラチナイズド マスク

お肌が疲れてるな~と思ったときに使ってます♪


★Give&Give アクアラビュー 250ml(EGF配合美容液)

最近私が使い心地にほれ込んでるのがこれ!洗顔、シャンプーに混ぜて、マッサージ用、オールインワンのお手入れに!!


★テルモの多機能婦人体温計。

480日分の記録が出来るので、私のような、継続が苦手な人にオススメ。


★女性にうれしいミネラルパワーDHCの「ヘム鉄」
流産防止にも良いときいて妊娠中のみました。

【本】

★Rick Rackソーイング基礎book

ソーイングの基礎をわかりやすく解説してくれてます。


★ヘンリーおじさんの英語子育て便利帳

英語で語りかけ実践!


★AERA with Baby

いろいろ情報収集

【わんこ】

★ファーミネーター【FURminator】Mサイズ イエローツール プロ

わんこの死毛ごっそり取れる。


★お徳用ペットシーツ

消耗激しいペットシーツは格安に限る!

【バレエ】

★ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「ロミオとジュリエット」全3幕

かなり情熱的なロミジュリ♪低価格で好きなだけ見られます.

RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。